2015年05月19日

お食い初め やり方  ※これ一つで、お食い初めの行事が行えます。

お食い初めとは、生後100日前後の赤ちゃんのお祝いで、

100日間無事に育ったお祝いと、

今後も無事に育ちますようにと願う行事です。



お食い初め やり方

お食い初めのやり方は、行事に参加されたご家族の中で

一番長寿の方(お爺ちゃん・お婆ちゃん)が赤ちゃんを抱いて

お箸で食べ物を食べさせるマネをするのが一般的です。

一番の長寿ということで、長生きできるという意味があり

赤ちゃんが男の子なら男性、女の子なら女性が行うのが正式な方法です

しかし、赤ちゃんとご両親のみで行うのも、問題はないです

お食い初めのやり方のはじめは、鯛などの食べ物を

口にもってき食べさせる真似をし、次に箸を歯固めの石に触れてその

箸を赤ちゃんの唇の近くににもっていきます。

これは、歯が丈夫に生えますようにと願う意味があり

たこにも歯固めと同じ意味があります。

※歯固めの石・その他食べ物が
 赤ちゃんが呑み込まないように気をつけましょう。

その後の順番は、飯→汁→飯→肴→飯です。

上記の順(赤文字の部分)を3回、食べさせるマネをします













posted by お食い初め料理 東京 通販・仕出し at 18:08| Comment(0) | お食い初め やり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。